車の運転時間

運転免許の区分

一般の用途のための運転が許可された第一種運転免許やバスやタクシーなどの人の運送で報酬を得る業務要件の第二種運転免許や路上教習に必要な仮運転免許の区分などで、第一種免許には、普通免許、準中型免許、中型免許、大型免許、原付免許、普通二輪免許、大型二輪免許、小型特殊免許、大型特殊免許、牽引免許の10種類の免許があります。
普通免許で普通自動車や軽自動車を運転することが許可されます。
また、AT限定免許というオートマチック限定の免許や、マニュアル車も両方運転可能な普通免許があり、AT限定免許は多少は教習費用が安くその普通免許取得で原動付自転車の運転も許可されます。
二輪のスクーターや三輪や四輪も、原動付自転車となります。

ネット検索で車情報

運転免許を取得したら、ドライブに出掛けたいところです。
最初からデートに使うのは無謀なので、免許を先にとっている友人に助手席に乗ってもらって、車で行動範囲を広げるのも楽しいです。
車の購入費用他は、諸費用加算があり、毎月の燃料費や任意自動車保険料、年一回の税金等、ランニングコストは大きいので計画的に。
手頃な練習用の中古車であれば、諸費用を入れ数十万円で購入できます。
1000CCクラスのコンパクトカーの国産車などでは、教習車より小さく、燃費も良く毎月の経費もまぁまぁです。
国産車のメリットは、メンテナンスや車検費用も安く、故障も少ないです。
運転にばかり精いっぱいにならないで車自体にも興味をもって趣味を広げると、教習費用も運転免許費用も夢の切符を買う費用のようなもので、有効に使ったことになります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る