合宿免許の良さも

運転免許証

自動車運転免許証がもらえると、身分証明の際に顔写真付き証明書として、利用する機会が多いです。
銀行に新規口座開設する時や各種カードを作る時にも必要になります。
自動車や原動機付自転車(原付)を運転の際には、運転免許証を携帯していなければいけません。
運転中や事故の際、警察官から免許証提示を求められた時にも提示しなければいけません。
免許証を携帯せずに運転したら「免許証不携帯」の交通違反になってしまいます。
運転免許の区分は、第一種運転免許の自動車や原動機付自転車を運転の時に必要な免許と、第二種運転免許のバスやタクシー等の旅客自動車を旅客運送のために運転の時や、代行運転自動車を運転の時に必要な免許、そして仮運転免許があります。

交通違反制度から

最初にもらって嬉しい自動車運転免許証は、取得の時点ではグリーンの免許証です。
3年後の取得後最初の運転免許更新で、ブルーの免許証に変わります。
以降3年間無事故無違反であった場合は、その更新でゴールドの免許証がもらえます。
そして次の更新は5年後です。
無事故無違反は、交通違反制度では違反点数がついていないことです。
もし、ぶつけただけの物損事故などでは、違反点数はつきません。
駐車違反やスピード違反などで違反点数がついた時は、次の免許の更新でブルーの免許証になります。
免許更新の講習時間も長く、更新費用も高い。
損害保険会社の任意自動車保険契約の被保険者になっていると、その人の免許証の色で保険料の割引率が変わり影響があります。
トータルでは、数年にわたり保険料が高くなるのは必須です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る